ページ上へ

借金をするにあたって無視できないデメリットとは

借金のデメリットは高い利息を取られることです。金利18%でも一般的な元利均等方式の返済になると月々の返済額の50%を利息で持っていかれることがあります。ショッピング枠現金化は1回払いであれば借金にならないので利息の発生はなく、信用情報機関にも登録されず借金依存になりにくいメリットがあります。

借金のデメリット

借金で頭を抱える女性

借金のデメリットは利息が発生することです。元本に対して返済率が低いほど利息の負担が大きくなります。
年利18%の条件であっても、月々の返済額に占める利息の割合が18%でないことを覚えておいてください。

ショッピング枠現金化は1回払いを利用すれば借金ではありません。
分割払いやリボ払いで返済すると借金の扱いになるので早めの完済をオススメします。
借金は返済期間が長いほど利息が膨れ上がってしまいます。

リボ払いの恐怖

リボ払いは月々1万円など残高に応じて返済額を固定する返済方法です。
クレジットカードの代表的な返済方法でもあり、昨今はカードローンをはじめキャッシングサービスでもリボ払いを採用する貸付サービスが増えています。

借金の返済方法に次の2つの方式があります。

元利均等 → 返済額が元本+利息の合計で固定される
元金均等 → 元本の返済額のみ固定して利息は残高に応じて毎回変化する

リボ払いをはじめ借金の多くは元利均等方式を採用しています。
月々の返済額が少なくなると、利息の占める割合が増えて元金の減るペースが遅くなります。

50万円を金利18%、月々1万円の元利均等リボ払いで返済した場合

月々の利息:7,400円
元本:2,600円

このように、金利18%でも返済額の3/4は利息になってしまい、1万円の返済だけでは元本が2,600円しか減りません。
実際には借入残高が50万円になると返済額が2万円や3万円に増額されることが多いですが、月々の返済額のうち半分以上が利息になっているケースはよくあります。
ショッピング枠現金化は金利計算すると割高になると言われていますが、借金で月々の利息を払うよりもすぐに支払って完結できれば総コストを安くできます。
借金も基本的には随時繰り上げ返済を受付していますが、月々の支払額が少ないと、細かい計算をしなかったり、目先のお金を優先して繰り上げ返済を怠ってしまうものです。
また、月々の支払い負担の少なさから借金することが癖になって、借入を繰り返す人が多いです。

人生設計に影響がでる

ショッピング枠現金化や消費者金融のフリーキャッシングは、突発的な出費のために利用する方が多いです。
人生の中では、車やマイホームなど大きな買い物をすることも多く、ローンを組んで購入する需要が高いものがあります。

借金をすると信用情報機関に登録されて、金融機関から他社の借入状況を確認され新規借入審査が不利になってしまいます。
ショッピング枠現金化は1回払いであれば信用情報機関に登録されないので、将来大きな借金をする時に悪影響が出ません。
分割払いやリボ払いをすると借金として信用情報機関に登録されます。

将来を見据えて、なるべく借金をしないようにすることが大切で、もし借金やショッピング枠現金化で資金調達をしたら、なるべく早く返済するように心がけましょう。
ショッピング枠現金化は換金率から差し引いた手数料がかかるので、そこから長期分割による返済をしようとする人が少なく、残高のある状態で追加利用する人が少ないです。