ページ上へ

価値観を変えて浪費を無くす貯金のコツ

お金を貯めるコツは、必要に応じていい物を買ったり、結婚式のご祝儀で資金調達して参加するなど、ショッピング枠現金化をしてでも使うべきものを見極められる人です。安物ばかり買う人や、周りの人を大切にしない人はお金が貯まりません。

お金を貯めるコツ

ブタの貯金箱と電卓

ショッピング枠現金化を利用している人はお金を貯められないと偏見の目で見られがちですが、一部では資金調達を上手に活用することでお金を貯められる人もいます。
お金を貯めるコツはショッピング枠現金化の活用で参考になる使い方がたくさんあります。

必要に応じていい物を買う

良い商品は耐久性が高くて長く使えます。
ブランド品や値の張る新品を買うと大切に使おうとする気持ちも強まります。
安物買いの銭失いという言葉がありますが、お金のないことや貯金を崩したくないことを理由に安物や中古品を買う人はお金を貯められないことが多いです。
お小遣いの範囲を超えたら、数ヵ月は節約するなどメリハリをつけて常に財布のヒモを緩めないことが大切です。
安いものを買って、すぐに壊れたり飽きて違うものを買い直した人も多いのではないでしょうか?

高級品を買うだけではなく、サービスを受けることにお金を使うことも大切です。
肩こりがひどい場合は、高いけど腕の良い整体師を利用すると一発で治って、日々の通院費用を節約できることがあります。
新しい趣味を始めるのに、最初はお金を払ってスクールを利用すれば、身について趣味を長く続けられるようになります。

お金の貯められない人は細かい浪費を繰り返す傾向があります。
高い物やサービスでも、長期的に価値を感じられるものであればケチケチせずに思い切った投資が必要なケースはたくさんあります。

周りの人を大切にする

ショッピング枠現金化の用途で上位に入る使い道で結婚式のご祝儀があります。
友人や同僚であれば一般的にご祝儀で3万円、2次会に参加すればプラス1万円弱。古い友人が集まる時は3次会があるかもしれないので財布にはプラスアルファのお金を入れておかないといけません。
女性であれば、ヘアセットなどにもお金がかかるので、結婚式に出るには5~6万円以上必要です。
また、結婚適齢期は決まっているので、一定の周期で結婚式ラッシュが訪れます。

お金がないときでも、招待してくれた人が大切な友人であれば参加しないワケにもいかないですし、ご祝儀を安くするのも失礼です。
クレジットカード現金化を利用してまで結婚式に参加して、しっかりご祝儀を包む人は、その思いやりの気持ちがどこかで必ず返ってきます。

結婚式のご祝儀は代表事例のひとつで、お金のない時でも周りの人のためなら、お金を出す気持ちが強い人は人望が厚く、自分が周りから助けてもらいたい時やお祝いしてもらいたい時に返ってきます。
逆に自分のお小遣いが減ったり、ショッピング枠現金化まですると支払いが大変という理由で人のためになることを妥協すると、助けてくれる人がいなくなって何をするにもお金で解決するしかなくなります。

飲み屋のお姉さんの誕生日イベントに呼ばれたことを理由にするなど、人のためであっても、自分の欲求を満たすためや、周囲から良く思われたいという下心のある中でお金を使うのは違います。
人のために使うお金の全てに下心がないといえば綺麗ごとかもしれないですが、強い下心や邪神を持つとお金が貯まりにくくなります。