ページ上へ

当てはまったら要注意!金欠になりやすい人の共通点

金欠に陥りやすい性格の代表事例を4つ紹介しています。長続きしない人、自分を良く見せたいと思う人など定番の性格から天才肌の人の金欠に陥る理由を細かく解説しています。なかなか貯金できない人は該当する理由がないか確かめてみてください。

金欠に陥りやすい性格

男女が飲み会で乾杯する風景

金欠に陥りやすい人にはいくつか共通点があります。
代表的な性格の特徴をまとめました。該当する人は危機感を持って金銭管理をしてください。

周りから良く思われたいと思っている

昨今は金欠に陥る女性が増えています。
女性は男性よりも周りから良く思われたいという願望を持ちやすいです。

周囲の視線を気にすると、そこまで行きたくなくても遊びの誘いを断らなかったり、洋服やバック、アクセサリーなど身につけるものにお金を使います。
周りから良く思われたいと思っている人は自分に甘い傾向があり財布のヒモがルーズになりがちです。
身の丈にあった遊び方やファッションをした方が気の合う仲間が見つかりやすくなります。
お金の力を使って自分を良く見せたいと思っている人で、頻繁に金欠に陥ったり貯金をできないのであれば考え方を改めることも大切です。

交友関係を広げるのが面倒

ギャンブルと水商売への浪費は金欠になる定番の理由です。
特に1人でパチンコや競馬に行ったり、キャバクラ、ホスト、スナックに通う人は注意が必要です。
ギャンブルと水商売は普段の生活の中で満たされないことを理由に深入りしていくものです。
パチンコを打っていた方が、友達と遊ぶよりもストレス解消になるとか、お酒を注いでもらうことをサービスにしたお店で自己表現できる人は、どんどんお金を浪費しないと満たされなくなっていきます。

お金の使わない趣味を持ったり、何気ないことをするだけでもストレス解消できる友人、知人、恋人を作れると金欠リスクは軽減されます。
社会人になってからは歳を取るにつれて昔からの友人、知人が仕事の転勤、結婚などを理由に離れていくものです。
大人になってから新しい交友関係や趣味を作れない人は浪費する休日を過ごす傾向があります。

天才肌

意外な理由に見えるかもしれないですが、小学校、中学校の同級生のなかで、昔は天才肌でイケイケだったのに大人になってからお金がルーズになる人を思い浮かぶ人も多いのではないでしょか?
学生時代はスポーツができたりルックスが良い、明るい性格やユーモアがあれば周囲からチヤホヤされています。
学生時代に一目置かれる人の多くは努力をしなくても周りよりも色々とできてしまうものです。

しかし大人になると地道に努力していた人が勝ちます。
天才肌でセンスに任せて人気を集めていたような人は社会の壁にぶち当たり、そのストレスから浪費をしてしまう傾向があります。

長続きしない

部活や習い事をしても、長続きしないような人は大人になっても仕事を転々としたり、お金を使わない休日の過ごし方を見つけられないケースが多いです。
長続きしない人は、自分の居場所を見つけるのが苦手ですぐに新しい場所を求めて行動してしまいます。
環境を変えて成功する人もいますが、多くの人はだんだん自分の場所が狭い世界になっていき、お金を使うことで満たされる場所を求めるようになっていきます。