ページ上へ

避けることができるショッピング枠現金化のリスク

ショッピング枠現金化のリスクは、カード会社とトラブルになって規約違反のペナルティを受けるリスクがあることです。業者の対応方法で安全性が変わってきて、ゼロスタイルは商品を発送する安全性の高い方法で16年クレーム0件の実績を持ちます。

ショッピング枠現金化のリスク

リスクの上に立って悩む男性

ゼロスタイルの掲げるオールゼロの中にもある「クレーム0件」はカード事故0件も意味しています。
ショッピング枠現金化は、本来はカード会社が禁止するショッピング枠を使った資金調達法なので少なからずリスクがあります。
どれだけ好条件を提示しても、実績不明の怪しい業者は絶対に使わないでください。
ここでは、返済ができなかった時のペナルティやコスト面の話ではなく、ショッピング枠現金化を行う行為そのものと悪質業者を利用するリスクについて詳しく紹介しています。

言い訳作りが重要

ショッピング枠現金化に利用者側の違法性はありません。
カード会社も使ってもらえば手数料収入、分割払いによる利息収入を得られるのでWinWinの関係になると思われがちですが、ショッピング枠を現金化目的で活用する行為は貸金業法によって禁止されています。
もし、カード会社がショッピング枠現金化の行為を黙認したり、取り締まりをせずに野放してしまうと、行政処分を受ける可能性があります。 実際に処分を受けなくても「この会社は違法行為に寛大」という悪い評判が広まると集客に影響が出ます。
そこで、カード会社はショッピング枠現金化を利用するユーザーや斡旋する業者に対して取り締まりを行い、判明した時は厳しい処分を下しています。

ショッピング枠現金化をする方法は専門業者を使わなくてもできます。
新幹線の回数券をカード決済で購入してチケットショップに売る行為が一昔前に流行してペナルティを受ける人が多数が発生しました。
現金化利用の多い商品を決済するとカード会社から目を付けられて、買取やカード決済による販売を行ったチケットショップへの聞き込みで不正が暴かれる仕組みです。

つまり、安全にショッピング枠現金化をするには、カード決済した物が資金調達目的だと推測されにくい物を選ぶことや、カード決済や現金提供する業者がカード会社から問い合わせを受けた時の言い訳を用意しておくことが大切です。

専門業者でも100%の安全性を持っていない実力がない業者があります。
また、昨今流行しているAmazonギフト券も高額な購入を繰り返すとカード会社から目を付けられやすいデメリットがあります。
ゼロスタイルでは安全性を最優先に考えて、提供する商品を安全にするのはもちろん、創業16年の実績から、あらゆるパターンでカード規約違反の処分を回避するノウハウを持っています。
具体的なノウハウは企業秘密とコンプライアンス上の都合でここで全てを話せませんが、ゼロスタイルは長年クレーム0件で運営してきた実績と自信があります。

ゼロスタイルを利用すると基本的に商品が自宅に発送されます。
面倒に感じるかもしれないですが、ショッピング枠現金化のリスクを最小限に抑えるためには大切なことです。
商品を業者の住所に送るところ、メールによるデータ販売、Amazonギフト券買取などに比べてゼロスタイルの提供するショッピング枠現金化は安全性が非常に高いです。