ページ上へ

利用すると人生が台無しになる恐れがある闇金のリスク

闇金による金欠解決法は人生を台無しにするので絶対に手を出してはいけません。貸付条件だけを見ると、法外な金利でもいいと思ってしまう方がいますが、闇金は返済拒否など一般人が想像している以上の悪徳商法で利用者からお金を搾り取っています。

金欠解決法④闇金

闇金から借りたお金を持つ手

取り締まりの強化で減少傾向にあるとはいえ、現在でも闇金被害で大きなトラブルに悩まされている方はたくさんいます。
闇金はブラックやクレジットカードを持っていないなど、どんな人でも貸付を行っていますが、利用すると人生が台無しになってしまうことがあります。

元本の数倍を回収しないと納得しない

闇金の貸付条件といえば「トイチ(10日で1割)が有名です。
トイチでも法外な金利ですが、実際にトイチで貸すことは常連客や紹介など優遇された客のみで、新規の場合はトニやトサン(10日で2割、3割)が主流です。
ショッピング枠現金化は、貸付サービスではないため利息制限法の影響を受けず金利換算するとキャッシングより割高です。
ゼロスタイルの換金率は88~96.7%、利用者の約2/3が30万円以下の利用です。

15~30万円の利用で換金率90%、手数料に直すと10%です。翌月に1回払いを利用した場合、闇金的な言い方をすると1ヶ月で1割になります。

10日後の給料日で返せる場合は、トイチの闇金を利用すれば変わらないと思う方もいます。
さらに、短期的に返済の目処が立っている場合は、細かい手数料の違いを考えず、10日で2割や3割であっても許容範囲と考える人が多いです。
しかし、闇金は元本に対して数割程度の手数料で許してくれるほど甘くはありません。

闇金の定番手法として、借入して一定期間は返済拒否をしてきます。
10日後に1~3割程度の利息を上乗せして払うつもりでいても、返済拒否されて数ヵ月後に元本の数倍で請求されることが多いです。
ショッピング枠現金化は支払い先がカード会社なので、当然支払い拒否をされることはありません。
返済が難しくなると事前連絡することで1回払いから分割払いに変更するなど遅延損害金を取らない柔軟な方法で対処してくれます。

一部の闇金ではギャンブルの軍資金など、短期返済を条件にした貸付を行っている場合があります。
すぐに返済することが前提だと1日で2~3割(通称「ヒニ、ヒサン」)といったさらに高額な金利での貸付になり、予定通り返済できないと数週間で利息は元本の数倍に膨れ上がってしまいます。

闇金の取り立て手段

テレビや漫画の世界にある、家に怖い取立て人が怒鳴り込んで迷惑行為をすることはありません。
しかし、返済できなくなると親や親族に取り立てたり、男性は土木作業員、女性は風俗店といった働き先を斡旋されて、給料から返済額を天引きするようなケースは実際にあります。

闇金からの借入は、返済拒否など借り手側の都合だけで思い通りに進まないことが多く、法外な利息によってすぐに自力での返済が困難な借金総額に膨れ上がってしまいます。

闇金が法外な金利で消費者金融からの借入やクレジットカードの新規申込ができないような人にもお金を貸しているのは、現在の取り締まりが厳しい社会の中でも回収するノウハウを持っているからです。
闇金に手を出すと親や家族に迷惑がかかり、強制労働を強いられるなど人生を台無しにしてしまうリスクがあるので絶対に手を出してはいけません。